オフィスレイアウト設計に関してこんな悩みはありませんか?

  • オフィスレイアウトを変更して快適で働きやすいオフィスにしたい
  • オフィス移転の予定があるため、レイアウト設計をしてほしい
  • カジュアルなイメージのオフィスにして、採用力を高めたい
  • 従業員が増員するため省スペース化を図りたい
  • 地元の企業にオフィスレイアウトの変更を依頼したい

兵庫県加古川市周辺でのオフィスレイアウト設計ならお任せください
オフィスレイアウト図面作成を”無料”で行います!

加古川オフィスづくり.comは、オフィスレイアウト図面作成にスピード対応いたします。また、外部のオフィスデザイン会社と連携しているため、デザイン性の高いオフィスレイアウト図面のご提案も可能です。自社でオフィスレイアウトの図面を作成することが難しいというお客様は私達にお任せください。

※オフィスレイアウト設計の無料対応は、オフィス家具やオフィス内装工事等をご相談頂けることが前提です。

オフィスレイアウトの設計事例

加古川オフィスづくり.comのオフィスレイアウト設計事例をご紹介します。

  • 【平面図】
  • 【平面図】
  • 【平面図】
  • 【立体図】
  • 【立体図】
  • 【立体図】

加古川オフィスづくり.comが選ばれるポイント

オフィスレイアウト図面作成をスピード対応

加古川オフィスづくり.comは、オフィスレイアウト図面作成にスピード対応いたします。オフィス移転をスムーズに行う上で重要なことは、オフィスレイアウト図面を早期に確定することです。早期にオフィスレイアウト図面を作成することにより、その後の工程がスムーズに進みます。加古川オフィスづくり.comには、オフィスレイアウト設計の経験と豊富なノウハウを持つスタッフがいるため、期日が迫ったオフィス移転案件でもスピード対応することができます。また、外部のオフィスデザイン会社と連携しているため、デザイン性の高いオフィスレイアウト設計のご提案も可能です。オフィスレイアウト設計でお悩みのお客様は加古川オフィスづくり.comにご連絡ください。

オフィスレイアウト図面を無料作成

オオフィスのレイアウト図面を作成するにはオフィス内の正確な寸法と設置するオフィス家具や什器の寸法が必要になります。そのため、レイアウト図面の作成経験のない社員が正確な寸法を測り、レイアウト図面に反映させることは非常に困難です。加古川オフィスづくり.comでは、お客様のご要望をヒアリングすることで、お客様のイメージしているオフィスレイアウトを図面に反映することができます。また、私達はオフィスレイアウト図面を無料で作成しています。お気軽にご相談ください。
※オフィスレイアウト設計の無料対応は、オフィス家具やオフィス内装工事等をご相談頂けることが前提です。

オフィスレイアウト設計以外の依頼も対応可能

オフィスの移転やオフィスレイアウト変更をしようと思うとオフィス家具メーカーや内装工事会社、建具工事会社、電気工事会社など、複数の業者とのやり取りを行いながら進めていく必要があります。そのため、オフィスレイアウト変更のご担当者様は、通常の業務と並行して、各業者の担当者と何度も打合せを行い、工事業者の選定を行う必要があるため、非常に労力がかかります。
加古川オフィスづくり.comはオフィス移転やオフィスレイアウト設計で発生するあらゆる工事の一括対応窓口を代行します。お客様の手間を掛けずにご希望のスケジュール通りに工事を行うことができます。兵庫県加古川市周辺でのオフィス移転、レイアウト設計なら長年の信頼と実績がある私達にお任せください。

オフィスレイアウト設計のポイント

オフィスレイアウトを設計する際に必要となる手順やポイントをご紹介します。是非オフィスレイアウト設計をする際にご活用ください。

  • 1.オフィスに必要なスペースを確認するオフィスレイアウト設計を行う前に、必ずオフィスに必要なスペースと平米数の確認をしてください。オフィスに必要なスペースと平米数を事前に確認することで、オフィスレイアウト設計をスムーズに進めることができます。
    オフィスに必要なスペースの例
    ・執務室
    ・ミーティングスペース
    ・セミナールーム
    ・休憩室
    ・受付、エントランス
    ・社長室
    ・面談室
    ・資料室
    ・待合室
    ・応接室
    ・食堂
    など…
  • 2.各スペースの配置場所を確定するオフィス内の必要なスペースと平米数を確認した後は、各スペースの配置場所を確定させましょう。オフィス空間を機能や利用シーンで区切り、スペースを効率的に配置することをゾーニングといいます。オフィスレイアウト設計の際にゾーニングを行うと効率的な業務を行えるほか、セキュリティ対策にも対応したオフィスをつくることができます。オフィスのゾーニングは一般的に下記の4つのゾーンに分類することができます。
    ゾーン①
    来客が利用するスペース(待合スペース)
    ゾーン②
    社員・来客が共に使用するスペース(応接室、ミーティングスペース、喫煙ルーム)
    ゾーン③
    社員のみ利用するスペース(執務室、会議室、食堂、リフレッシュルーム)
    ゾーン④
    特定の社員のみ利用するスペース(社長室、サーバールーム)

    ※オフィスの出入口から①から④の順番でスペースの割り振りを行いレイアウトを設計します。

  • 3.執務室の広さを確定させるオフィスのゾーニングが確定した後は、執務室の広さを考えましょう。執務室は従業員が業務を行う空間です。そのため、執務室の利用人数を考慮せずに執務室の広さを確定させてしまうと、人数に対して必要な広さを確保できず、働きづらいオフィスになってしまいます。下記に執務室の広さの目安となる指標を記載しています。
    執務スペースの面積(㎡) ÷ 社員数(人)
    この指標では従業員が快適に業務を行う上で必要なスペースは従業員1人当たり6㎡のスペースが必要とされています。例えば、執務室の広さが90㎡、従業員数が15名の場合は「90㎡÷15名=6㎡」となるため、このオフィスの執務室は適切な広さを確保できているということになります。
    ※ この指標はあくまで目安です。上記の指標をもとにオフィスのレイアウトの設計を行ってください。
  • 4.オフィス家具の配置場所を確定させる執務室の広さを確定させた後は、オフィス家具の配置場所を考えましょう。快適なオフィスをつくるためには、確定させたゾーニングと従業員当たり6㎡のスペースを確保することを意識してオフィス家具の配置位置を決める必要があります。オフィスの通路やキャビネットの扉の可動域を考慮せずにオフィス家具を設置すると、通路幅が狭くなり、従業員同士がすれ違いざまにぶつかることやオフィス家具にぶつかることがあります。また、オフィス家具とキャビネットの距離が近いことで扉を開閉しづらくなることがあります。通路幅が狭いとオフィスで働く従業員のストレスになってしまうことがあるため、適切な通路幅を確保して快適なオフィスをつくりましょう。下記に適切な通路幅の目安を記載しています。下記の図を参考に通路幅を確保しましょう。
  • 5.オフィスレイアウト設計の最終確認オフィスレイアウト設計の最終確認として、加古川オフィスづくり.comがお客様に確認していただきたいポイントを下記3つ記載しています。
    • ①キャビネットの扉やドアの扉を不自由なく開閉することができるか
    • ②オフィス家具や什器が電源コンセント接続の妨げになるように設置していないか
    • ③窓際に設置するオフィス家具の高さが窓と被らない適当な高さであるか
    上記のポイントを考慮せず、オフィスレイアウトを設計すると、働きづらく不便なオフィスになる危険性があります。オフィスレイアウト設計は、実際にオフィスを利用することを想定しながら実施してください。
オフィスレイアウトマニュアル無料配布

よくある質問

オフィスレイアウト図面は依頼してから何日で完成しますか?
オフィスレイアウト図面は1週間程度でご提出することができます。オフィスの規模や内容によってはさらにお時間をいただく場合があります。
現在のオフィスのレイアウト図面を持っていません。新たにオフィスレイアウト図面を作成することはできますか?
作成できます。加古川オフィスづくり.comでは、オフィスレイアウト図面の作成が可能です。オフィスの採寸を実施した後、オフィスレイアウト図面を作成いたします。
具体的なイメージはないのですが、オフィスレイアウト図面の作成をしていただけますか?
作成いたします。加古川オフィスづくり.comはヒアリングを実施し、お客様のご要望に沿ったオフィスレイアウトを作成いたします。
従業員のコミュニケーションの活発化を図れるオフィスにしたいのですが、対応できますか?
対応できます。加古川オフィスづくり.comでは、オフィスづくりの経験が豊富にあります。豊富な経験の中からお客様のご要望に沿ったオフィスづくりをご提供します。
おしゃれなオフィスにしたいのですが、対応していただけますか?
対応いたします。お客様のご予算やご要望をヒアリングした上で最適なオフィスづくりをご提案します。
オフィスのレイアウト図面作成には費用がかかりますか?
無料で作成いたします。加古川オフィスづくり.comでは、内装工事やオフィス家具のご依頼をいただける場合にのみオフィスレイアウト図面を無料でご提供いたします。また、レイアウト図面のみのご依頼は有料にて承っています。