『倉庫⇒オフィスに劇的大改造!!』

こんにちは!

兵庫県加古川市、高砂市周辺地域でオフィス内装工事、パーテーション工事、オフィスレイアウト設計などのサポートを行っている加古川オフィスづくり.comです。

今回のご依頼は「現在の事務室は手狭な倉庫の一室にあるのですが大型農機具などが置かれている広い倉庫の一室を事務室に改修してから引っ越す計画の相談にのってほしい!」

とのご依頼でした。

早速現場を確認し、後日工事内容のご説明と見積書を提示しご納得いただき受注に至りました。

まず最初に内装工事で倉庫用だった壁・天井を補修後ペンキ塗装しLED照明工事を施工させて頂きました。

次に床工事ですがヒアリング時に現在の事務室が倉庫の一室で上記写真のようなコンクリート床のため、電話線や電源、

LAN配線が露出配線のためお客様は歩行ストレスとレイアウト変更がしづらい床に苦慮されていましたのでOAフロアをご提案し、ご採用頂きました。

OAフロアとは床下に空間をつくり2重化したフロアの事です。OAフロアは大きく二種類あり、置き敷きタイプとレベル調整タイプがあります。

今回は置き敷きタイプの「樹脂製OAフロア」を施工しました。

「樹脂製OAフロア」とは250×250×高さ50mm角の置敷型樹脂を

部屋の隅々まで敷設し床下に空間を設け、その床下空間に配線を収容できまた簡単に配線の取り出しができます。                                         1つ1つが軽量で床に固定する必要もなく、建物物を傷つけませんのでテナント等で退去時も現状復旧が容易にできます。

また置敷式なので施工がスピーディーで工事費も低コストで施工が可能です。

ご依頼時の工期がもともと短く、内装工事もあったことからご予算に合わせ上記理由でご採用頂くことになりました。

まずは床に凹凸がある部分は下地処理し、不陸がないようクッションフロアシートを敷きガタツキが生じないようにします。

次に壁面側ですが写真のとおり、壁と床の入隅部はRをつけた状態です。これは食品工場や厨房、病院の一部で見られることがあります。

理由は衛生面で埃やチリが溜まりにくく、また清掃が容易にできるようするためのようです。

ただこのままだと樹脂OAフロアを壁面に隙間なく敷設するには不陸が生じます。

そこでOAフロア樹脂材を壁手前の不陸が生じない部分まで敷き、そこからの隙間はクッション材とL型補強アングルで壁と床の入隅部分を敷設することにしました。

その結果壁と床の入隅部分が直角となり、この上にタイルカーペットもキレイに張ることも出来ますので問題ございません!!

あとは入口にアルミ製上り框を取り付けし完了です。

これで床下配線することができるようになったのでオフィスとしての広さも十分に活用して、レイアウト変更が自由にできるようになります。お客様も今からの新しいオフィスのレイアウトを嬉しそうに考えておられました。

次回はこのOAフロアにタイルカーペットを敷き詰めていきますのでご紹介させて頂きます。

 

加古川オフィスづくり.comでは各種OAフロア工事に関するサービスを取り扱っております。

弊社のOAフロア工事のサービス案内は下記よりご覧ください。

OAフロア工事のサービス案内はこちらをクリック

加古川オフィスづくり.comは50年以上前からオフィスづくりのお手伝いをさせて頂き、今では年間500件以上のオフィスの施工実績があります。

兵庫県加古川市、高砂市周辺地域でOAフロア工事をご検討されている方は加古川オフィスづくり.comにご相談ください。

OAフロア工事に関するお問い合わせはこちらをクリック

最後までご覧いただきありがとうございました。

加古川オフィスづくり.comは、兵庫県加古川市周辺のあらゆるオフィスづくりに対応いたします。お気軽にご相談ください。

兵庫県加古川市での
オフィスづくりはお任せください

079-424-2423

受付時間:平日8:30~17:30

加古川オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
兵庫県加古川市、高砂市、稲美町、播磨町