蛍光灯の交換はお手間じゃないですか?電気代の節約にもつながるLED照明化がおススメです!

こんにちは!

兵庫県加古川市、高砂市周辺地域でオフィス内装工事、パーテーション工事、オフィスレイアウト設計などのサポートを行っている加古川オフィスづくり.comです。

 

皆様のオフィスはもうLED照明に変更出来ていますか?

今回は、加古川市内にあるお客様からご依頼いただいた事務所照明のLED化工事の事例をご紹介いたします。

 

ガソリンスタンドを運営されていますお客様より、スタンドの屋外の照明の交換をご相談いただいたことに始まります。

現状、お客様はまだ水銀灯ランプをご使用されていたのですが、皆さんはご存じですか?

水銀ランプは国際条約である「水俣条約」によって2020年12月31日以降、製造・輸出入が禁止されました。

 

そこで今回はLED照明への切り替えをご提案させていただきました。

 

LED照明は白熱電球や蛍光灯よりも寿命が長く、白熱電球の約40倍、蛍光灯の約4倍となっています。交換する頻度は下がり、お手間を軽減できます。何より、蛍光灯に比べて消費電力を抑えることができ、企業でLED化工事を導入することは経費削減につながります。

 

また、大手照明メーカーではすでに蛍光灯器具や水銀灯の生産終了が進み、照明器具の故障やランプが切れた場合に交換できなくなる恐れがありますので、早めのLED化工事をおすすめしています。

 

お客様は以前より事務所のLED照明への交換をご検討中だったため、併せてLED化工事のご案内をさせていただき、どちらも省エネ化や今後の蛍光灯の供給を考えてLED照明への変更を決定しました。

事前に現場を確認して、いざLED化工事へ!

 

ガソリンスタンドは1個の水銀灯を投光器タイプのLEDへの交換だったため短時間で終了。

続いて事務所のLED化工事に取り掛かります。

 

事前の調査でわかっていましたが、お客様の事務所の照明は長期にわたりご使用になられていました。長期間使用した蛍光灯照明器具は劣化が進んでおり、そのまま直管蛍光灯タイプのLEDランプを装着して使用し続けるのは危険です。また、直管蛍光灯タイプを現在使用中の蛍光灯器具で使用する場合、安定器を取り外してLEDに適した配線へ変更するバイパス工事が必要になるため、今回はベースライトタイプへ器具ごと交換するLED化工事となります。

 

安定器とは蛍光灯などの放電ランプに対して、電源との間に抵抗を入れて電流を一定の値に安定させる役割を持っています。また、ランプが点灯するのに必要な始動電圧を与えて、安定した点灯を維持するために必要な装置となります。しかし、実はLED照明にはこの安定器は必要ありません。安定器を残しておくと、余分に電力を消費してしまいますし、安定器の故障による発火事故などのリスクが生まれます。ちなみに安定器の平均寿命は約40,000時間です。

 

 

事務所のデスク等を養生して、一基ずつ手早く器具の交換をしていきます。

本数も多く、お時間をいただきましたが無事にLED化工事は完了です。

LED化工事後は非常に事務所も明るくなり、従業員皆様にも非常に喜んでいただきました。

 

加古川オフィスづくり.comではLED化工事に関するサービスを取り扱っております。

弊社のLED化工事のサービス案内は下記よりご覧ください。

LED化工事のサービス案内はこちらをクリック

加古川オフィスづくり.comは50年以上前からオフィスづくりのお手伝いをさせて頂き、

今では年間500件以上のオフィスの施工実績があります。

兵庫県加古川市、高砂市周辺地域でLED化工事をご検討されている方は

加古川オフィスづくり.comにご相談ください。

LED化工事に関するお問い合わせはこちらをクリック

最後までご覧いただきありがとうございました。

加古川オフィスづくり.comは、兵庫県加古川市周辺のあらゆるオフィスづくりに対応いたします。お気軽にご相談ください。

兵庫県加古川市での
オフィスづくりはお任せください

079-424-2423

受付時間:平日8:30~17:30

加古川オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
兵庫県加古川市、高砂市、稲美町、播磨町