喫煙所における感染拡大防止について

こんにちは。兵庫県加古川市を中心にオフィス環境づくりをサポートしている加古川オフィスづくり.comです。

会社にある喫煙所は新型コロナウイルス等の飛沫感染や接触感染の起こりやすい条件が揃いやすく、感染リスクが極めて高い場所です。

喫煙時はマスクを着けずに深い呼吸を繰り返し、喫煙室内では人同士が会話によるしぶきが届く距離に密集しやすいため飛沫感染の原因となります。

さらに、ドアノブや手すり等を触った指でタバコを持って口にくわえるため、接触感染の原因にもなります。できる感染防止対策として、

○飛沫感染を防ぐため、同時に利用する人数を制限し、喫煙所内にいる人同士の距離を     最低1mは確保する。

○接触感染を防ぐため、複数の人の手が触れる場所・物品を最小限にし、やむを得ない場合は拭き掃除・洗浄を行う。

○屋内の喫煙室は、厳格な対策が取れない限り閉鎖する。

屋内外を問わず、まず取るべき対策は喫煙所内にいる人同士の距離を最低1m確保することです。具体的には、同時に利用する人数を制限する、可能であれば床に定位置をマーキングするといった方法が考えられます。
次に、複数名の手が触れる場所・物品を減らすこと、例えば各利用者が携帯灰皿を持参する運用にして共用の灰皿をなくす方法があります。

屋内の喫煙室では、設備面の対策の難易度が高くなります。例えば、受動喫煙防止のため換気扇で十分な換気をすると3密のうち「密閉」を防ぐことにもなる一方、換気扇の性能を最大限発揮するには喫煙室内の気積は最小限に、すなわち「密集」「密接」になりやすい状態にする必要があります。
さらに、出入口のドアノブ、照明や換気扇のスイッチなど、複数の人の手が触れる場所が屋外の喫煙所と比べて多くなります。これらの拭き掃除の頻度を増やすと、喫煙を目的としない清掃担当者が喫煙室内に入る頻度も増え、ウイルス感染と受動喫煙の両方のリスク上昇につながります。

屋外で自然に換気されるような場所であれば、出入口のドアは不要で、人同士の距離も確保しやすくなります。よほど厳格な対策が取れない限り、屋内の喫煙室は閉鎖し、屋外のみとすることが望ましいです。なお、全国的にも喫煙所閉鎖の動きは広まっています。

オフィス内では感染症対策がしっかりしているが喫煙所の対策が施されていない企業様も多いのではないでしょうか。これを機に対策をご検討されてはいかがでしょうか。

感染症予防対策用品をお探しの企業様はぜひ加古川オフィスづくり.comまでお問合せ下さい。

お問合せはこちらのリンクをクリック

加古川オフィスづくり.comは、兵庫県加古川市周辺のあらゆるオフィスづくりに対応いたします。お気軽にご相談ください。

兵庫県加古川市での
オフィスづくりはお任せください

079-424-2423

受付時間:平日8:30~17:30

加古川オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
兵庫県加古川市、高砂市、稲美町、播磨町