大きな窓に合うカーテンをお考えですか?いや、そこはバーチカルブラインドで決まりです!

こんにちは!

兵庫県加古川市、高砂市周辺地域でオフィス内装工事、パーテーション工事、オフィスレイアウト設計などのサポートを行っている加古川オフィスづくり.comです。

 

以前、お客様より「会議室にある大窓のカーテンを交換したいと考えているのですが、バーチカルブラインドの取り扱いはありますか?」とご質問をいただきました。

もちろん、弊社ではブラインド設置工事を行っており、バーチカルブラインドも取り扱っております。

実際にご依頼をいただいたバーチカルブラインドへの変更設置工事の内容は後日ご紹介させていただきますが、皆様はこの“バーチカルブラインド”というものをご存じでしょうか?

 

今回はバーチカルブラインドについて皆様にご紹介させていただきたいと思います。

 

“バーチカルブラインド”という名前はあまり聞いたことは無いかもしれませんが、目にしたことがあると思います。“バーチカルブラインド”は縦型ブラインドのことです。

横型ブラインドはオフィスなどでよく使用される、馴染みのあるブラインドです。“ベネシャンブラインド”ともいわれ、横長の羽根(スラット)を上下に開閉するブラインドのことです。

バーチカルブラインドは縦に長い羽根(ルーバー)をつないだブラインドで、カーテンのように左右に開閉します。バーチカルブラインドは大きな窓に適しており、縦にラインが伸びるため窓や部屋が大きく見え、開放的な空間が作れます。

性能については、横型でも縦型でも両ブラインドに共通しているのは、日射しや視線のコントロールですが、大きく違うのは「視線の遮り方」です。

横型のブラインドが「上下からの視線を調整できる」のに対して、バーチカルブラインドは垂直に並

んだ羽(ルーバー)の角度を変えることで調光調整を行いますので、それに伴い「左右(または斜め方向)からの視線を遮れる」のが特徴です。

 

遮光性についても、バーチカルブラインドは横型ブラインドのように昇降コードの穴から光漏れする心配が無いため、遮光性も高くなります。

バーチカルブラインドはファブリック製の羽根が主流です。カーテンのような使い心地で、綿、麻、シルク風、すだれ調などファブリックならではの質感やデザインが楽しめます。また、遮熱・UVカットの生地や、消臭・抗菌効果のある生地なども選べます。

縦に羽根が付いているため、横型と比べてホコリが溜まりにくいという特長があり、ウォッシャブルタイプの生地であれば、なんと丸洗いも可能です!

 

バーチカルブラインドは、以前はオフィスの大窓や商業施設などでよく使われていましたが、今では一般住宅でも幅広く使われるようになり、その認知度も高まっています。

前出のお客様もご自身でお調べになってご質問いただいたかと思いますが、バーチカルブラインドは縦型ブラインドの総称であり、メーカーによってカタログでの表記名が違う場合があります。

TOSOさんは“バーチカルブラインド”ですが、例えばニチベイさんでは“アルペジオ”、タチカワブラインドさんでは“ラインドレープ”ともいいます。もしメーカーの公式サイトやカタログで縦型ブラインドを探すときには、このカタログ名を参考にしてください。

 

横型ブラインドは、どんな窓にも取付けできる手軽さや耐水性を持った羽根が特長で、バーチカルブラインドは何といってもそのデザイン性の高さと、お手入れの手軽さがメリットといえます。

ブラインドの設置をお考えであれば、インテリアや使用方法、使用場所に合わせてぴったりのブラ

インドをご提案させていただきます。

 

加古川オフィスづくり.comではブラインド設置工事に関するサービスを取り扱っております。

弊社のブラインド設置工事のサービス案内は下記よりご覧ください。

ブラインド設置工事のサービス案内はこちらをクリック

 

加古川オフィスづくり.comは50年以上前からオフィスづくりのお手伝いをさせて頂き、

今では年間500件以上のオフィスの施工実績があります。

 

兵庫県加古川市、高砂市周辺地域でブラインド設置工事をご検討されている方は

加古川オフィスづくり.comにご相談ください。

ブラインド設置工事に関するお問い合わせはこちらをクリック

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

加古川オフィスづくり.comは、兵庫県加古川市周辺のあらゆるオフィスづくりに対応いたします。お気軽にご相談ください。

兵庫県加古川市での
オフィスづくりはお任せください

079-424-2423

受付時間:平日8:30~17:30

加古川オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
兵庫県加古川市、高砂市、稲美町、播磨町