『ドアがバタン!』と勢いよく閉まるのは従業員のせいだけではない!?その原因はドアクローザーにあるかも!

こんにちは!

兵庫県加古川市、高砂市周辺地域でオフィス内装工事、パーテーション工事、オフィスレイアウト設計などのサポートを行っている加古川オフィスづくり.comです。

 

先日、加古川市内にあるお客様の事務所にご訪問した際のお話です。

担当者の方とお話をしている時でした。

 

「ガチャっ、バタンっ!!」

 

従業員の方が出入りする度に大きな音が…

失礼ながら気になったのでお聞きしてみると、

「少し前からドアがすごい勢いで閉まるようになってうるさいんですよね。

あれって何とかなります?」

 

お客様もお困りのようでしたので、少しドア周りを見させていただきました。

ドアクローザーから油が漏れているような様子はないのを確認して、パーツの調整だけで対応できそうでしたので、ご案内してすぐに作業をさせていただきました。

 

ドアクローザーとはドア上部に付いており、油圧により閉まる速度などを調節する装置です。

ドアの閉まりが悪い、ドアが音をたてて勢いよく閉まるといった問題がある場合、このドアクローザーが原因と考えられます。

今回はドアクローザーの調整でドアの閉まるスピードや勢いを最適化いたしました。

ちなみに調整方法は下記の写真に写っている〇で囲っている部分をドライバーで回すだけです。

固く締めると勢いが弱く、緩めると勢いよく閉まるようになります。

ドアクローザーによっては調整箇所が1箇所だったり3箇所だったりします。なぜ複数あるかというと、閉まる勢いをドアの開閉範囲に対して一定の角度ごとに区切って調節できるようにする為です。それにより、閉まる直前だけ勢いを弱くしてゆっくり閉まるなど、使用者にとってより使いやすい調節ができるというわけです。

※住宅の玄関ドアなどには、強風の影響で急激に開くのに対して緩和する機能がついたものもあります。

 

ただし、ドアクローザーの調整箇所を触ってみてもドアの閉まる速度が変わらない場合は、ドアクローザーそのものを交換する必要があります。

前述にもあります、油が漏れていないか確認したのは、油圧式のドアクローザーから油が漏れていると、部品にかかる圧力がなくなってしまうためドアの閉まる速度を調節できなくなってしまうのです。油が漏れている、また異音がするなど、そうした症状が出ていたらドアクローザー交換の合図とお考え下さい。

 

今回はパーツの調整で対応できましたが、ドアや各パーツも年数が経って劣化してきています。先のことを考えてお客様にはドアクローザー自体の交換をお勧めいたしました。今後、他のドアも問題ないか確認させていただき、事務所内すべてのドアのドアクローザーの調整や交換をいたします。

 

ドアに関するお困りごとは弊社にお任せください!

 

加古川オフィスづくり.comではドア補修工事に関するサービスを取り扱っております。

弊社のドア補修工事のサービス案内は下記よりご覧ください。

ドア補修工事のサービス案内はこちらをクリック

 

加古川オフィスづくり.comは50年以上前からオフィスづくりのお手伝いをさせて頂き、

今では年間500件以上のオフィスの施工実績があります。

 

兵庫県加古川市、高砂市周辺地域でドア補修工事をご検討されている方は

加古川オフィスづくり.comにご相談ください。

ドア補修工事に関するお問い合わせはこちらをクリック

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

加古川オフィスづくり.comは、兵庫県加古川市周辺のあらゆるオフィスづくりに対応いたします。お気軽にご相談ください。

兵庫県加古川市での
オフィスづくりはお任せください

079-424-2423

受付時間:平日8:30~17:30

加古川オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
兵庫県加古川市、高砂市、稲美町、播磨町