保管庫の転倒防止工事をしました。

こんにちは。

 

兵庫県加古川市を中心にオフィス環境つくりをサポートしている加古川オフィスづくり.comです。

 

今回、加古川市のお客様より保管庫の転倒防止のご相談をいただきました。

 

現場へお伺いすると、その保管庫は他所より移設してきており、壁際に設置されているだけで転倒防止対策は何もされていないどころか、保管庫自体がガタガタと不安定な状態です。

他の保管庫も固定されているものもありますが、サイズに対して転倒防止のための固定箇所も少ないご様子。

保管庫は高さ2メートルを超えるサイズでかなり多くの資料などを収納するため、地震などもしもの時の為に転倒防止対策をしてほしいとご要望をいただきました。

 

保管庫・壁・床の事前調査を行い、今回は保管庫の最上段である天板に穴を開け、L字型の固定金具で壁面に固定する基本的な転倒防止対策である壁固定を施すことになりました。

地震などによる揺れを防止するための転倒防止対策ですが、壁固定と床固定の両方を同時に施すことが最善ではあります。ただ、今回は床がOAフロアのため床固定は断念しましたが、どちらか一方でも実施するのとしないでは転倒防止において大きく差がでます。

 

転倒防止工事当日、まずは保管庫のガタつきを直すためにレベル調整を行います。レベル調整は保管庫が水平となるように、底にある四方のアジャスターの高低の度合いを合わせていきます。

次にL字型金具取付けのための穴開け位置にドリルで下穴を空けていきます。

この下穴に、ボードアンカーを首下の爪が壁にささるまで軽く打ち込みます。

 

ボードアンカーは、石膏ボードなどの壁内が空洞の壁に適しており、中空のため普通のねじや釘では固定できない、また壁裏に柱や下地がない場合に使用される部品です。先端が壁裏の中空部で開くことで、壁裏の面で支えて固定できます。

ボードアンカーを開脚させて、後はL字型金具を合わせて壁と保管庫をねじでしっかりと固定します。

転倒防止工事は壁や保管庫に穴を開けるため多少の音はしましたが、無事に終わりお客様にご報告させていただきます。

これで安心して使用できますと、お客様にもご満足いただけて良かったです。

長年使っている家具ほど転倒防止対策をしていないことが多いので、この機会に一度オフィス内の壁面側の書庫や保管庫等を確認してみてください。

 

もし、そのような転倒防止工事が施されていないオフィス家具がありましたら、ぜひ私ども加古川オフィスづくり.comにご相談ください。

転倒防止工事についてもぜひ私たち加古川オフィスづくり.comにお任せ下さい。

加古川オフィスづくり.comの転倒防止工事のサービスはこちらをクリック

 

加古川オフィスづくり.comは、兵庫県加古川市周辺のあらゆるオフィスづくりに対応いたします。お気軽にご相談ください。

兵庫県加古川市での
オフィスづくりはお任せください

079-424-2423

受付時間:平日8:30~17:30

加古川オフィスづくり.comご対応エリア
【ご対応エリア】
兵庫県加古川市、高砂市、稲美町、播磨町